賃貸マンションを借りるためには、いろいろな予算面での準備をする必要があるので注意しましょう。

賃貸マンション入居の準備

賃貸マンションを借りるためには、入念な準備をしておかないと、引っ越した後になっていろいろなトラブルが発生する可能性もあります。
たとえば、賃貸マンションを借りる際には、いろいろとお金を準備しておかないといけません。
家賃さえ準備しておけば入居できるものではありません。
たとえば、敷金が必要になります。
賃貸契約を交わしたときに大家さんに対して預ける一種の保証金のようなものです。
家賃滞納の未払金や部屋の中の汚れや破損に対する修理費用として使われるときには使われます。
このようなもしもの時にお金が使われてしまった場合には返却されませんが、特にトラブルがなかった場合には、退去するときに返還してもらえます。
一般的には家賃2か月分を請求している所が多いですが、10か月分を要求してくるところもありますので事前にしっかりとした確認をする必要があります。
またたいていの場合、不動産会社を介して賃貸を借りることになるでしょう。
そこで賃貸契約が成立した時には、仲介手数料を不動産会社に対して支払うことになります。
通常は家賃1か月分を不動産会社に対して支払います。
また前家賃といった、入居した月の家賃も入居するときに支払わないといけません。
日割りで計算してその月の家賃は支払いますが、もし月末近くで入居した場合には、その月と翌月の家賃を一括で支払うこともあります。
また賃貸マンションに入居する際には、火災保険に加入する必要もあります。
不動産会社が加入手続きは代行してくれるケースが多いです。
一般的には、2年契約で1〜2万円程度の火災保険料が必要になります。
また賃貸物件の場合、鍵を入居者が変わるたびに変える所も多いです。
前の住人やその関係者が合鍵を使って入居してしまう可能性もあるからです。
この鍵の交換費用も借主に請求されることもあります。
このように賃貸マンションに入居するためには、いろいろな費用の発生することも頭の中に入れておかないといけません。